現実逃避日記

おもにゲームの事について書いていこうと思います

マンタインサーフを極める為のテクニック解説

高得点を取りさえすれば1回5分程度で最大50BPも獲得出来ると話題のマンタインサーフですが、中々高得点を出せないという人も少なくない様子

マンタインサーフのコツを調べても50BPのボーダーラインにすら行っていない解説記事や僕が以前16万程度の記録でバズった時に解説したガバガバ解説のコピペ記事が検索上位に出てきたりと、そもそも高得点を出すための敷居自体が高いと感じました。

今回はマンタインサーフで50BPを取れない、安定して取ることが出来ない、50BPは取れるがもっと上を目指したいといった人達に向けて、先日マンタインサーフハイパーコースで(多分日本最速)22万5000点を出し一瞬の間だけマンタイサーフ全一(多分)になれた僕が、使ったテクニックや自分の持ってる知識を公開し多くの人にマンタインサーフのコツを伝授出来たらと思い記事を書くことしました。

これによって少しでもマンタインサーフガチ勢が増えてくれることを願います。

f:id:soltawashi:20171122230731j:image

なおこの記録を出した翌日には既に記録は破られ、23万出した人もいる模様

50BPのボーダーラインである14万3000点を安定してとるだけならそこまで必要のないテクニックも多いですが、高得点を取りやすくなればなるほど思わぬ事故が多発しても安定して50BPが取れるようになるので50BP取れればいいという人も覚えて損はないはず

参考にした記事

http://taninaka544.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

スピンと技の最大得点 仕様解説

スライドパッドを入力しスピンを決めていき、得点のい技を出していくというのが基本のこのゲームですが、それぞれの技とスピンには差異があります。

回転ごとのスピードと点数

上スピン…最大点数250
下スピン…最大点数200
左右スピン…最大点数150
得点の高い上下回転は回転にかかる時間が長い反面、最大得点も高くなっている。

この細かい差異ですが、これらを理解することでコイキングのスピン込みの最大得点を僅かに上げたりギャラドスアシレーヌを着水成功させつつ決めたり、時間に余裕のあるアシレーヌ+ランターンなどの技の合間にスピンスピードの早い右左スピンを仕組んだりすることが出来ます。

また、スピンスピードが変わることで高得点が出る入力タイミングも変わってくる為、ランターンギャラドスコイキングといった異なる回転速度の入力を使う技に関しては一定のテンポで入力しないこと

慣れれば技ごとのタイミングは掴めますが、高得点を出すには後述の目押しも行う方が個人的には安定しました

使用する技の仕様

ランターン360 アシレーヌフリップ

高波(低波)の時に使用すると高得点が狙える技。あくまで(恐らくジャンプした時の)波の高さに依存するので、ジャンプした後どのタイミングで使っても点数は変わらない

最大点数は3150(+ランラーン時スピン450点 アシレーヌ時スピン400点)

減点補正(後述)によって最大点数は2520→2100まで下がる

 

・スターミートルネード

どの波の高さでも高得点が狙えるため多様することになる技。ただし減点補正を避ける為使わないほうがいいタイミングも存在する

最大点数は3000(+スピン450点)

減点補正によって最大点数は2400→2000点まで下がる

 

コイキングスペシャ

最初から解禁されている隠し技であり、4回スピンして一度も技が出ないと発動する技。

1度だけ使うと高得点が出るが2回目以降は得点が激減する

技が出なければ出し方は何でもいいが、回転スピードの早い右左回転を2回は入れないと着水に間に合わない。最後の入力は技になるので、「右左上+何か」がオススメ

焦るとスターミーに化けることもあるので意識して避けよう

最大点数は4500点(+スピン550点)

 

・オーバーザギャラドス

こちらも下画面の技一覧に載っていない隠し技で、直前のジャンプの点数を一度だけ2倍にする大技

なので直前に使う技は最大点数の高いアシレーヌ(ランターン)とコイキングで固定

波乗りピカチュウ受け取りと同時に解禁なので注意

スティックを「右下左上」といった具合に1周するように入力することで発動する。

どの方向から始めても1周するよう操作すれば技は発動するが、回転スピードの遅い「上」を最後に入力しないと2回技を出しての着水に間に合わないので必然的に「右下左上」か、「左下右上」のどちらかになる。(この場合技の前のスピン点で+500点)

それでもランターン360とスターミートルネードだと間に合わないのでギャラドスを出すときに使うもう1つの技はアシレーヌフリップで確定

上手くいけば一度のジャンプで2万3000点以上出せてとても気持ちいいので頑張ろう。

 

ジャンプで最大得点を出すためのコツ


f:id:soltawashi:20171124144550j:image

 一番最初のチュートリアルで説明されていたように、光る輪がみえなくなるタイミングで入力することで高得点が狙える仕様なっていますが、この光る輪を見るだけではタイミングが掴みづらいという人も多いはず

重要なのはサークルが消えた後に現れる火花

f:id:soltawashi:20171124183823g:plain

光る輪が消えた瞬間からこの火花が見えた瞬間までが最大得点の時間なので、光る輪を見つつ火花が見えた瞬間に入力することで自分は比較的楽に最大得点が狙うことができました

ただしこれ以上入力が遅れると得点が下がるだけでなく、アシレーヌランターンギャラドスアシレーヌなどシビアな入力が必要なジャンプで着水失敗する可能性が出てくるので要注意

着水失敗は言うまでもなく大幅なロスになるので絶対に避ける

減点補正とは

同じ技を二回続けて使うと技の得点が2/3に減少し、一つ飛ばして使っても得点が4/5になる補正がかかります

また、マンタインサーフを開始してから一番最初のジャンプは減点補正2/3がかかっている為高得点が出ません。

つまり、ただランターンスターミーやアシレーヌスターミーといった技を淡々と出し続けるだけでは高得点が狙えない仕様となっており、点数効率を上げるためには毎回使う技の種類や順番を変えていく必要があります。

当然得点効率のいいジャンプを心掛けることになりますが、最初のうちはまず間違いなく混乱するので、練習し慣れていく必要があります

減点補正を考慮した得点効率のいいジャンプ手順

例えばスターミー+ランターンの次にもう一度スターミー+ランターンを使うといったように、減点補正(4/5)を2回連続で出すよりも減点補正(2/3)と減点補正無し(1/1)を出していった方が得点効率は良くなります。

例えばランターン+スターミーの次にまだ高波が続いているならスターミー+ランターンと出していく

また、中波限定でランターン+左(右)スピン+アシレーヌといったスターミーを使わないジャンプもじゅうようになってきます。

これを減点補正に引っ掛からないよう調整しつつジャンプ出来れば、着水ボーナス込みで合計6500点前後が出ることもあり、これにより高得点を出しつつも次のジャンプで減点補正のかかっていないスターミー+ランターン(アシレーヌ)を使うことが出来るため、1度のジャンプで7000点以上を狙っていくことが可能になります

これを積極的に狙うことで高波(低波)が来た最初のジャンプでは毎回7000点以上の点数が狙える為、ハイスコアを狙うなら是非習得しておきたいテクニックです。

 一例として自分の開始直後のジャンプチャートを挙げてみます。([]の点数は安定して出していきたい目標点 最大点はもう少し上になってくる)

スターミー+アシレーヌ[5500](最初の技の為低得点)

ランターン+スターミー[7400](両方減点補正無しの為7000点台が狙える)

スターミー+ランターン[6300](スターミーに2/3補正)

ランターン+スターミー[6300](ランターンに2/3補正)

アシレーヌ+スターミー+右(左)スピン[6300](両方減点補正無し)

スターミー+アシレーヌ[7400](両方に減点補正無し)

………

このように飛ぶことで毎ジャンプ6000以上を出しつつ、最初の高波(低波)で7000以上を狙うことが出来ます。

ただしこれらのチャートは波の高度変化のスピードや障害物による加速速度のズレで変わってくるので臨機応変に得点効率のいいジャンプを考える必要が出てくるので注意

この飛び方だとジャンプ後半の技が減点補正のない技になりますが、1サーフィンの中でズレによって大体1回は低波時に減点補正のないアシレーヌフリップが最初のジャンプで使えるのでそんな時はコイキングチャンス

死ぬ気でアシレーヌを高得点で出し、コイキングからのギャラドスアシレーヌを決めよう

そんなタイミングがなさげなら低波時にコイキング+アシレーヌの高得点を死ぬ気で決めてからギャラドスアシレーヌに繋ぐ

安定したコイキングギャラドスを打ちたいなら一番最初の高波時にランターンコイキングを決めてからアシレーヌギャラドスを決めるといい

ただし高波時のアシレーヌ使用になってしまう為、期待できる得点は大体22万以下になってくる極めるならリスク覚悟で低波コイキングを決めよう

手早く加速してジャンプ回数を増やす

 加速効率に関しては自分ではまだわからないことも多く詳しくは言えないですが、高波時の下り坂からの加速は短時間で加速することが出来るため、小振りな加速や下からの加速回数は出来るだけ少なくするように大振りな加速を心掛け、低波時は障害物を避けることを特に注意しつつ、常に加速していくことを意識してやっています。

ここは特に改善の余地があると思うので高効率の方法を編み出した方が居たら是非教えていただきたいです。

障害物を避ける

 加速中は常に先の方を見て障害物の位置を確認する

加速しつつ次の障害物を避けれるルートをあらかじめ考える余裕を持てるように

メノクラゲホエルコはスライドパッドの微調整でかなり接近しても掻い潜る事が可能だが、ホーミングしてくるサメハダーは直前に避けようとしても失敗する確率が高い。

そのため加速をしっかりと行いつつもサメハダーの避け方には一層注意を払っていきます。

高波時はサメハダーの近くに居なくても加速できる事が多いので近付かないようにすること

問題はサメハダーと接触する機会が否応なしに多くなる低波時ですが、波の上から下がって加速する下り坂の時にサメハダーが飛び出してきた場合、当たる可能性が非常に高く特に危険

ただしこれはサメハダーがまだ水中に潜っている段階から早めに下るようにすることで上手く攻撃を避ける事が出来ます。

f:id:soltawashi:20171124191841g:plain

サメハダーと接触しないように加速を行わず同じ場所に居続けるのはロスにもなるのでなるべく飛び出してくる前に下って加速が出来るように

勿論衝突してしまったら元も子もないので事前に障害物の位置を確認しどう加速していけば比較的安全に通れるかを常に考えよう

下から上がっていく上り坂は方向転換をし始めた頃だったり、上がり始めた頃付近にサメハダーが居ると危険だが、上がっていく最中であれば基本サメハダーを避けることが出来る

f:id:soltawashi:20171124191942g:plain

上がり始めた頃にサメハダーに接近しないよう前もってサメハダーの位置を把握しつつ早めの加速を行うように

これら二つの避け方に共通するのが障害物を事前に把握し、早めに回避行動を取っておくということ。

これによって単発や2連サメハダー程度なら安定して避けられるようになるので、安定して高得点を取るならば練習しておきたい。とはいえそれでもたまにどうしようもない配置も出てくるのだが……

 

障害物に1.2回当たっても20万は狙える時もあるので数回当たった程度では諦めない。むしろ最低1回は当たるものと割り切るのもアリ

22万出た時も着地狩りサメハダーに1回当たってます。

当たったときすぐ加速のリカバリが効くようにどうしても避けれそうにないなら早めに波の上の方に移動してから当たった方が波のない所で障害物に当たるよりマシ

無理に避けようと波のない左側に行くのも状況によってはアリだが、減速するリスクも高く、障害物に当たった場合リカバリにかなり時間がかかり20万狙いが相当厳しくなるので失敗しないよう要練習

……正直回避については慣れによる部分が特に大きいと思うので地道に地力を上げていくしかないと思う。失敗してハイスコア狙いが絶望的になってもすぐリセットせず残りの時間は練習に当てるといいと思う。30BP程度でもツリーやバトルロイヤルと比べても十分高効率でBP稼ぎが出来る

サメハダーを上手く避けられずスランプに陥るのは多分皆経験するのでめげない

 

試行回数を稼ぎマンタインサーフの神に祈る

着地地点の障害物や、減速を強いられる障害物配置など、テクニックだけではどうしようもない要素も多いこのゲーム

一説ではステージの長さすらある程度ばらつきがあると言われており運の良し悪しでスコアはかなり大きく変動する。

誰かマンタインサーフの乱数調整について研究してくれないですかね…

 

どんなに運が悪くてもこれまで紹介したテクニックを駆使すれば50BPラインは取れるはず

逆に言えばどんなにいい面を引けても実力が伴っていなければ高スコアを取るのは厳しいので、失敗してもひたすら練習を重ねていこう

ハイスコア狙いならばいい配置を引けるまで試行回数を増やす必要もある

7.最後に

安定したBP稼ぎは勿論、自分の記録を他の人達と競いあったりするのは結構楽しいので、この記事を参考にマンタインサーフで高スコアを出せる人が少しでも増えてくれれば幸いです。

自分でも未だによくわかっていない仕様なども多く、まだまだ改善の余地は多いと思います。他にも書くべき情報などがあれば教えてもらえるとありがたいです。

【ポケモンSMストーリー考察】 ~サンムーン主人公は誰なのか~

巷では今作はリーリエが主人公、プレイヤーはリーリエの戦闘代行人などと揶揄されることもあるサンムーンのストーリー、皆さんは楽しめただろうか?自分はポケモン本編シリーズの中では一番ストーリーを楽しめた作品だったが、今作が合わないと感じた人も少なくないようだ。今回はサンムーンのストーリーを主人公のあり方という点から色々と自分なりに咀嚼し考えてみようと思う。

f:id:soltawashi:20161212201949j:plain

かわいい

 

 演出が技術的にあまり凝れなかった昔のゲームと違い、脳内補完だけでロールプレイをするのは難しくなってきている。

NPCが思い思いにドラマを展開する中、プレイヤーの分身となるキャラクターが浮きがちになってしまうのはよくある問題点だ

勝手に喋らない主人公を如何に主人公として活躍させるかはこの手のゲーム共通の課題と言えるだろう。

マルチエンディング方式のような主人公が自ら物語の筋道を選択していくゲームは主導権を握りやすいが、その手のゲームは周回前提になりやすくポケモン本編との相性は非常に悪い

 

まず前提として、ポケモンの主人公のような無数のプレイヤーの分身の役目を背負ったキャラクターに、プレイヤーの意志に反する勝手な行動を迂闊にさせることは出来ず、結果としてプレイヤー自身の行動が物語を左右するマルチエンディングのような方法を取らない限りこのタイプの主人公が物語の主導権を握るということ自体、非常に難しいという事を踏まえたうえで考えてみてほしい

 

喋れない主人公のゲームでストーリーを重視しようとすると代わりに物語の主導権を握るキャラクターが自然と出てくるもので、その中でリーリエの成長と活躍というのは印象に残りやすいが、よくよく考えてみるとリーリエが関わってくる話はゲームの後半からで、プレイヤーの目標である島巡りに関してほとんどリーリエは関係しない。

優しい大人達の庇護の元進んでいくメレメレアーカラ島の島巡りから

自身のポケモン達のみとスカル団と戦ったり、全く違う性格の集まりでありながら共に成長し、お互いを認め合っていく主人公、ハウ、グラジオの3人でエーテル財団と戦っていく少年漫画のような展開のウラウラ島

厳しい大自然の中、試練すら無人で行われることで、冒険感が増すと同時に島巡りのオリエンテーリング感が一気に消え、支えてくれていた大人たちから自立し自身とポケモンの成長を実感させてくれるポニ島の4つの起承転結はっきりとした島を巡り、最終的にアローラのチャンピオンにまで成長するストーリーの主人公は間違いなくプレイヤー自身である。

確かに後半の重要な話の中心はリーリエであったが、必要以上に主人公としての役目を奪わないよう注意が払われているのを感じたし、そのリーリエの活躍も側に主人公という大きい存在が常にいてくれたこその成長でもある

リーリエがストーリーが終わるまでトレーナーにならなかったのも主人公達トレーナーの役目を奪わないためでもあるだろう

 

この起承転結はっきりとした構成というのがポイントで、今までのポケモンはバッジを8個集め、途中で悪の組織を倒してチャンピオンに...という流れで主人公の活躍や成長を描いてきたが、果たして本当にそれで主人公の成長は描けていたのか?という部分は疑問である。

負けイベント等もなく、基本ストーリー的にはライバルにも悪の組織にも負けなしで進んでいき、リーグ制覇まで達成する主人公(ジム戦は負けていてもストーリー的に矛盾は少ないが)は最初から最後まで才能に恵まれた強い人物であり、負けを通して成長するライバルなどと比べてもドラマ性に非常に欠けるものであり、明確に主人公の成長を描いたイベントがあったようには思えない。

フィールドもジムがある場所は基本人の少なくはない街や村に限定され、序盤はともかく旅を続けても明確な変化、終盤のジムも中盤のジムもあまり大差ないようにすら感じてしまう節があった。

今回の主人公の場合は、優しい大人たちやキャプテンに守られながら進むというある意味生温い環境から徐々に大人達の手を借りず冒険していくウラウラ、ポニと大きく前半と後半で主人公を取り巻く環境が変化している

特に最後の試練が無人で行われシンプルな内容というのはジムじゃ絶対できなかった芸当で、確かに少し物足りないと思う人も多いと思うがこれは意図されたものだと自分は思っている。

この環境の変化を今までより強く描写することで、セリフ等で成長を語れない主人公の成長をしっかり描けたポケモン本編初めての作品なのではないだろうか。

サンムーンは旅やポケモンを通してそれぞれ成長していく少年少女の物語であり、プレイヤーもリーリエも(ハウとグラジオも)それぞれ違った大きな役割を持つ主人公であり、その全ての中心にいるのがプレイヤーである。

他に伝統と守り神ポケモンに振り回される人々だとか伝統を受け入れつつも変えていこうとするククイ博士だとか、危険生物のUBとの共存だとか色々な要素もあるのだがメインストーリーとは少し脇道に逸れる話題なので割愛する

 

とはいえ後半の一番印象に残る部分の主役はやっぱりリーリエだし、一見するとリーリエが主人公に思えても仕方ないかもしれない。もっと主人公を立たせるように描くことは出来なかったのだろうか。

喋らない主人公の典型的な失敗を犯しつつ、追加エピソード版で喋らない主人公でストーリーを盛り上げることが出来た面白い成功例としてGOD EATERというゲームがある

f:id:soltawashi:20110114163427j:plain

ボイスが何十種類も選べるキャラメイク系の主人公で、当然全ての声で辻褄の合うようなストーリーも収録も出来ない為ストーリー中は一貫して空気で、物語の主導権は別のキャラクターが握っていたが、やはり不評だったらしく、追加エピソード版ではムービー中に率先して仲間を助けるため動いたり、ストーリーの重要な局面では一セリフだけだが、あろうことか喋る。

本来プレイヤーの意思から離れた勝手な行動というのはご法度であるが、プレイヤーの意思とシンクロした行動であるなら派手に動いても違和感が少ないという好例だろう。

逆に言えば、喋らない主人公を喋らせるくらいの事をしない限り、主人公でストーリーを盛り上げるのは難しいとも言えるだろう。

サンムーンはムービー中の主人公の勝手な行動はおろか、表情すらついていない。

演出などが技術的な面で凝れない時代なら主人公の行動は脳内補完で補えばよかったが、演出面が向上すればするほど何も行動しない、表情も付かない主人公はかえって違和感が大きくなってしまう

かといって主人公が動けるのはプレイヤーの意思とシンクロしたときのみで、例えばリーリエが好きになれなかったプレイヤーが操る主人公がムービー中にリーリエを助けたりしたら今以上に反感がありそうだ。

結局主人公とポケモンの成長を描くなら今まで通りリーグ制覇等で、セリフや行動で語られずともプレイヤーがロールプレイ出来るかどうかということにかかっている。

ポケリフレや仲良し度によるバトル中のちょっとした演出などで、実はポケモンのロールプレイは今まで以上にやりやすくなってきているはずなのだが、しかし ロールプレイを積極的に行わない、アニメ感覚でストーリーを追いかけている層はプレイヤーキャラクターやそのポケモン達の成長を実感する事が難しいのかもしれない

f:id:soltawashi:20161214130138p:plain

ポケモンと触れ合えるだけだったパルレから戦闘後のケアという意味が出てきたリフレで今まで以上に"トレーナーやっている感"が増した

 ロールプレイ 脳内補完が必要になってくるタイプの主人公と、固有の人格がありドラマチックにストーリーを展開できる主人公、そのどちらも存在しているとも言える今作

どちらかがもう片方の活躍を奪っているというより、お互い自分には出来ない役目を担っていると捉えるべきなのだろうが、やはり分かりやすさが違う分印象には差がついてしまうのか

 

そういった事もあり、ムービー中に一切行動しないサンムーン主人公だが、かといってプレイヤーの意思に反する行動をしていないかと言われると実はそうでもない

例えばベッドを調べたら勝手にそこで寝転がって感想を述べたり、11歳とは思えない語彙力の食レポなど...

ベッドマニアキャラなんて付けるんだったら表情くらい付けても良かったのでは

f:id:soltawashi:20161213083543j:plain

主人公の扱いに神経質なのかキャラ付けしたいのかどっちなんだ..

 

 

結論

表情までないのは流石に極端だが、勝手な人格を持てず、ストーリーを重視しようとするとどうしても主人公として描くのが難しいプレイヤーキャラクターを起承転結はっきりとした4つの島を舞台にすることで描写していて、喋らない、行動しないという厳しい制約の中でプレイヤーは十分主人公として頑張ってたと思います。

それ以上にキャラが立っている人物も多いけれども、むしろ主人公としてのプレイヤーという表現はこうして考えてみると意外にも歴代のポケモンシリーズでも丁寧に作られているのでは?

ムービー中などでのプレイヤーキャラを活躍させる演出は非常に難易度が高いと言えるのだが、ただマイチェン版では表情くらいは付けて欲しい。

付いた表情がプレイヤーの感情と必ずしも一致するとは限らないが、無表情だからといってプレイヤーの感情を代弁できるわけではない。

ストーリーを一切弄らなくても表情付けるだけで結構印象変わりそうだと思うんですよね

 

☆20連色違いアルセウスガチャ☆


f:id:soltawashi:20150308174728j:image
今回の映画の前売り券には今まで一度も配信されていなかった色違いアルセウスが1/19の確率で入っているそうですね
というわけで、映画の前売り券もとい色アルセウスくじをさっそく20枚引いてきました!!


f:id:soltawashi:20150308173323j:image

f:id:soltawashi:20150308173340j:image

先ほど前売り券もとい色アルセウスくじと言いましたが、安いジュニア券では私は映画を見れないのでアルセウス(800円) 映画つきアルセウス(1400円)という訳ですね…
1万5000円以上使って引いたその結果は……?


f:id:soltawashi:20150308173654j:image
f:id:soltawashi:20150308173709j:image


f:id:soltawashi:20150308173646j:image


f:id:soltawashi:20150308173734j:image

f:id:soltawashi:20150308173753j:image

f:id:soltawashi:20150308173734j:image

f:id:soltawashi:20150308173835j:image

f:id:soltawashi:20150308173847j:image

f:id:soltawashi:20150308173907j:image


f:id:soltawashi:20150308173815j:image



f:id:soltawashi:20150308173935j:image

f:id:soltawashi:20150308173944j:image

f:id:soltawashi:20150308173952j:image

f:id:soltawashi:20150308174003j:image

f:id:soltawashi:20150308174020j:image

f:id:soltawashi:20150308174029j:image

f:id:soltawashi:20150308174037j:image

f:id:soltawashi:20150308174042j:image
f:id:soltawashi:20150308173925j:image

(1枚写真を撮るのを忘れていました)
 
結果はまさかの当たりなし…
20枚買っても当たる確率が気合いボールを当てる確率より低いなんて…色アルセガチャの闇は非常に深い……
 
それとわかったことは、twitter等では色アルセウスは連番で19枚買えば必ず当たるなんていう噂が流れていますが、私の場合フェアリーアルセが3体来たりと結構偏った結果になりましたので連番説はガセ…少なくともコンビニで買う場合は完全にランダムということでした。
 
 
ここまで来たらもう引き返せないので当てるまでガチャを引き続けるつもりです
 
 
皆さんも色アルセガチャには相当の覚悟を持って挑戦してください…